家族のモノが増えるのに合わせて

子育てでモノは激増する

夫婦二人暮らしなどでシンプルにすっきり暮らしていても、子どもが生まれた途端に状況は一変します。子どものためのモノは、親や祖父母の「買ってあげたい」という気持ちの結果でもあるし、他にもたくさんのいただきものをしたりして、衣類もおもちゃもどんどん増えていきます。さらに幼稚園、小学校などへ上がっていくと本や学用品と作品などが増えていきます。子どもが自分で片付けられるように、自分で収納しやすい場所を確保してあげることが必要になります。

趣味が増えるとモノも増える

また、家族の誰かが新しい趣味や習い事を始めた時にもモノが増えていきます。「楽器」「スポーツ用品」「アウトドアグッズ」などなど・・・。お父さんがリタイアして、ガーデニングやつりなどに凝り始めると、これらの道具が増えていきます。また、子どもが高校生、大学生になると、自分で購入してコレクションがたまってきます。このようにして、家族が何かを始めると、特定のモノが急に増えていきます。

生活スタイルに合わせたリフォーム

長く続けたい趣味のための道具が増えてくる一方で、不要になるスペースも出てきます。子どもが独立してその部屋が空いたまま、雑然と物置になっているというお宅は多いのではないでしょうか。このようなときは、バランスよくモノがおさまって生活しやすくなるように、収納をリフォームすることが効果的です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加