地震に強い収納とは

地震対策、していますか?

家庭の収納スペース、収納家具に関して、地震のときの備えは大丈夫ですか? 特に、本などの重い物、キッチンツールなど金属製のものが多い場所に関しては慎重にチェックすることが大切です。また、貴重な食器を収めた飾り棚もモノが壊れないようにきちんとケアしなくてはなりません。まずは、「家具が倒れないか」「収納してあるものが飛び出してくるかどうか」に関して点検してください。

危険な可能性をチェック

丈高の本棚などはとても危険ですから、必ず「突っ張り棒」「前方転倒予防グッズ」などで対策します。地震では収納してあるものが落ちてくるだけでなく家具自体が大きく動いてけがのもとになることがあります。寝室に置いてある洋服ダンスなど。危険な可能性がある家具は思い切って処分を検討しましょう。

地震に強い壁造作がおすすめ

地震対策としてはできるだけ収納家具を減らし、リフォームで壁面収納棚にすることがおすすめです。理想は、「モノはすべて作り付けの棚の中に納まり、扉が閉まった状態」です。この他、壁面の全面を使った棚は倒れにくく安心です。さらに、蝶番のついている「開き戸」よりは、「折れ戸」「引き戸」のほうが地震で開いてしまう危険が少ないので、重い物などをしまう場所は床下収納や押し入れ、またはこうした収納扉がついているものにします。

近頃良く聞くワード、以下のWEBサイトで情報収集しましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加